マリー・アントワネットの人物像について

マリー・アントワネットの人物像とは一体どのようなものなのでしょうか。

マリー・アントワネットというか、どうしても贅沢な生活をしていた王妃、それゆえにフランス革命でギロチンにて処刑された悲劇の女性、というイメージを持っている人もいるかもしれませんね。

マリー・アントワネットに関しては誤解もたくさんあります。

それならば、マリー・アントワネットとはどのような人物だったのでしょうか。

ここでは彼女の人物像についてまとめてみました。

スポンサーリンク
marieantoinette-lifeレクタングル大

おしゃれが大好き

マリアントワネットというと、毎日のようにドレスや髪飾りを作らせたというぜいたくなイメージもありますが、彼女はおしゃれが大好きだったと言われています。

小柄で綺麗好きで、非常におしゃれだったという人物像が現代でも女性の関心をひいていますね。

14歳でオーストリアからフランスに嫁いできたマリアントワネットは、当初は孤独な生活をしていました。

夫であるオーギュストとは趣味や関心が合わず、マリー・アントワネットは常に独りぼっちだったとも言われています。

当時のベルサイユ宮殿には2,000人を超える貴族が生活していましたが、意味のない慣習なども多く、人々は例えば階級によって便器の形が違う、などということにプライド感じていたのです。

そんな生活にうんざりしたマリー・アントワネットはおしゃれに興味を持ち、日々自分を飾ることに専念していたのです。

良い母

そんな彼女には良い母という人物像も存在します。

結婚して子供が産まれるまでに7年ほどかかり、それまで彼女は非常に贅沢な生活をしていたと言われています。

しかし、子供が生まれてからのマリー・アントワネットは落ち着きを取り戻しつつありました。

子供が生まれる前のような贅沢をする事はなく、恵まれない人たちへの援助活動も行っていたと言われています。

シャル16歳が殺害されたときは、長女のマリー・テレーズとともに次男のルイ・シャルルの前に跪き、「国王崩御、新国王万歳」と述べたと語られています。

家族を大切にした

最終的にはギロチン台に消えたマリー・アントワネットですが、彼女は家族を大切にしていたとも言われています。

子供の事はもちろんですが、ルイ16世のことも非常に大切にしていました。

フランス革命が勃発し、貴族たちがベルサイユ宮殿から逃げていく時もルイ16世は妻であるマリー・アントワネットや子供たちの身を案じ、彼らに逃げるようにと伝えました。

しかしマリー・アントワネットは家族で一緒にいることを望み、ルイ16世を支えたのです。

まとめ

いかがでしょうか。

彼女の人物像というものは本当の彼女とは違う側面もあったかもしれません。

当時はオーストリア女、赤字夫人と呼ばれ、彼女を魔女のように描いたイラストなども街中で出回っていたと言われています。

しかし彼女は良い母であり、良い妻であったとも言われているのです。

スポンサーリンク
marieantoinette-lifeレクタングル大

marieantoinette-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする